抑毛に効果があるんです!豆乳ローションで毛なしツルツル肌になろう

女性ならムダ毛の悩みは尽きないものですよね。

美意識が高い女性なら、ファッションなど身なりはもちろんお肌の手入れや脱毛なども念入りにされている方が多いと思います。

自宅でできるムダ毛処理は、カミソリや電気シェーバーなどが主流ですが、最近では『豆乳ローション』で脱毛効果があると話題になっています。

塗るだけで本当に脱毛に効果があるの?と半信半疑になってしまいますよね。

この豆乳ローションと言うのは、どういうものなのでしょうか?

豆乳にはイソフラボンが多く含まれています。

このイソフラボンは、女性ホルモンの1種でもあるエストロゲンに似た働きをし、そのイソフラボンの成分効果で、美肌や抗酸化効果、バストアップなど女性ならば誰もが嬉しい効果がたくさんあるのです。

ムダ毛効果もその中の1つで、脱毛目的というよりはムダ毛を生えにくくする効果があります。

使用方法は、化粧水のような感覚で、気になる部分に塗りこみます。

そうすることで、次に生えてくる毛の性質を変え、ムダ毛をどんどん薄くしたり生える速度を遅らせることができます。

即効性があるものではありませんので、1度塗ればムダ毛がなくなる!と言うようなものではありません。

基本的には、朝晩に使用するのが好ましく、入浴などで毛穴が開いた状態の時に塗ることで効果がUPします。

自己処理を行った後の乾燥しがちなお肌にも塗ってあげると保湿効果があっていいですよ。

あとは、パイナップル豆乳ローションと言うのも販売されていまして、こちらも脱毛に効果があると言われています。

こちらは、フルーツ酵素ブロメラインが脱毛に効果があるとされており、豆乳ローションよりは脱毛効果が高めだと言われています。

最近では、豆乳とレモンを使用して、自分で豆乳ローションを作られている方も増えてきているそうで、人気の高さが脱毛効果のすごさを物語っていますね。

ぜひ、豆乳ローションを使ってつるつるすべすべのお肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

Read More

脱毛効果をバッチリ出すなら毛周期を考えて脱毛すべし!

脱毛サロンで脱毛を受ける場合、よほど毛の量が少ない場合を除き、たいていの場合は1度で終わるようなものではありません。

光脱毛で使用される光は、成長期の毛にしか反応しない為、毛周期に合わせて2~3か月に1度のペースで通う必要があります。

毛は、おおまかに『成長期』『退行期』『休止期』に分類され、退行期のような成長が終わり抜け落ちるまでの毛や、休止期の次の毛の成長が始まるまでの状態には効果がありません。

ですから、休止期の活動停止状態にあった毛が、成長期になった頃を見計らって施術を行う、というのを繰り返していき、徐々に自己処理が楽になり、ムダ毛が生えなくなってきます。

ほとんどのサロンでは事前カウンセリングの際に、ムダ毛の状態を確認し、それぞれの毛周期にあわせた日程プランを作成してもらえますので、それに基づいて通い、施術をうけることになります。

ごくまれに、脱毛を受けたのに全く効果が出ない!!という方がいらっしゃいますが、それは毛周期を考えずに脱毛を受けたことが原因だと思われます。

何も考えずに脱毛を受けて、高いお金を払っているのに全く効果が現れないとなると効率が悪いうえにムダな費用を費やすことになってしまいます。

ですから、事前にそれぞれの毛周期に合わせてプランを作成してもらったのにもかかわらず無視して自分勝手な時期に通うようなことは、絶対してはいけません。

また、悪質なサロンでは『あなたの毛周期は短いようですね』などと言われたり、『当サロンでは短時間で脱毛効果が現れます』と言われ、短時間に何度も通わせて多くの金額を払わせようとするようなサロンもありますので、自分でもある程度毛周期の知識を勉強してから問い合わせ等を行う方が、悪質なサロンを見抜くことができやすくなるでしょう。

全身脱毛で、永久脱毛に近い効果を希望するならば、平均的に最低でも12~18回ほどは通う必要があります。

2~3年は必要になる場合がほとんどですので、長期時間をかけて、ゆっくりムダ毛のないつるつるすべすべなお肌を手に入れましょう!!

Read More

脱毛を安く済ませたいなら断然脱毛サロン!

ムダ毛の処理ってなかなか面倒ですし、自分でするにはどうしても限界がありますよね。

自己処理だとコスト的にもあまりかからないですし、どこかに通う必要がないためお手軽ではありますが、安易な方法で自己処理を続けていると、皮膚を傷つけてしまったり、赤みや炎症、かゆみや色素沈着、埋没毛など様々なトラブルを起こしてしまう可能性があります。

でも、脱毛サロンやクリニックで脱毛施術を受けるのは金額的に高いんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

確かに脱毛って聞くだけで高額なイメージがありますよね。

全身脱毛となると更に金額的に高くなってしまいます。

実際には、クリニックで用いられているレーザー脱毛は高出力で即効性も高いですし、永久脱毛の効果も非常に高いです。

効果は高いものの、どうしても高額になってしまいます。

それに対し、脱毛サロンで用いられている光脱毛は、低出力でお肌に無理のないように優しくゆっくり時間をかけて施術をしていきますので、即効性はありませんが、クリニックよりかは安価で脱毛を受けることができますので、脱毛サロンの方がお得だと言えるでしょう。

クリニックより安いということは脱毛効果もいまいちなんじゃないの?と思いがちですが、決してそんなことはありません。

効果が不安だなぁと思われる方は施術回数を増やし、ほぼムダ毛が生えてこなくなるところまで施術を受けてみてもいいでしょう。

通常、脱毛と言うのは1度で終わるものではなく何度も通わなければいけません。

全身脱毛となると、更に長期に渡って通う必要がありますので、他サロンとあまり比較しないままなんとなく契約をしてしまって、後からこんなはずじゃなかった・・・とならないように、コースの金額が自分の予算と見合っているのか、全身脱毛の効果が現れるまでにどれくらいの回数通う必要があるのか、自分の希望する脱毛が本当に受けられるサロンかどうかを判断し、事前カウンセリング時に不安なことは全部聞いて解決してから、脱毛施術を受けるようにしましょう。

Read More

ワキ脱毛は圧倒的大人気なんです♪大学生も大人もみんなやってる!

脱毛サロンのコースで、特に人気を誇っているのが、ワキ脱毛のコースです。

手足もそうですが、夏場は特にワキを出す機会が多いですよね。

大人の人は、仕事の通勤時に私服で行かれる方も多いでしょうし、学生さんでも大学になればたいてい制服ではなくて、私服で通う場合がほとんどですので、キャミソールやノースリーブを着る機会も多いと思います。

肌を露出する服を着ているのに、脱毛処理がきちんとできておらずムダ毛が目立つなんてことになれば、周りの目も気になりますし、自分自身ネガティブになってしまいますよね。

周りも、ムダ毛を見ていい気にはならないでしょう。

かといって、自己処理ばかりをしていると、特にワキの皮膚はとてもデリケートですので、カミソリに負けて赤みが出たり、湿疹や腫れ、かゆみなどの症状が出てしまうこともしばしばです。

また、ワキは自己処理を積み重ねることによって、色素沈着をおこし黒ずみやすくなります。

夏は海水浴やプールなどのレジャーを楽しむ人も多いですので、そのたびに自己処理をしていたのでは、とても手間ですし大変ですよね。

その為、脱毛サロンでワキ脱毛をする女性が増えているのです。

ワキ脱毛は他の部位よりもお安く設定されているサロンが多いですし、初めての方限定で通常4000円近くするワキ脱毛が、たったの250円で受けられるサロンもあります。

学生さんの場合は、学生割引があるサロンもありますので、金銭的なことで脱毛サロンに通うのを躊躇っておられる場合は、心配なく通うことができますよ。

ただし、学生割引を行っていないサロンもありますので、必ず事前に確認をしておくようにしましょう。

最近では回数制ではなく、全身脱毛コース月額○○○円などの、月額制を設けているサロンもありますので、ワキだけなどの部位別コースではなく、だんだんと全身脱毛の需要が増えつつあるのが現状となっています。

夏前などは同じようにワキ脱毛を希望する方で予約が取りにくい場合がありますので、余裕を持って予約を取り脱毛を受けるようにしましょうね。

Read More

誤った自己処理で陥没毛が出来てしまうって知ってた?その対策はこちら★

脱毛サロンで脱毛を受けたいけれど、高いし通うのが面倒だな・・・と感じ、自分で自己処理をしている女性は多いと思います。

しかし、自己処理は自宅で出来て費用も掛からないのでお手軽にできますが、きちんとした知識がないまま行うと、様々なトラブルを招いてしまうおそれがあります。

そのトラブルの1つに『埋没毛』があります。

では、埋没毛って一体どんな症状のことを言うのでしょうか。

埋没毛と言うのは、毛が皮膚の下にもぐってしまい、皮膚の表面に出ない状態で伸びていってしまうことを意味します。

埋没毛がなぜ起こってしまうのかというと、たいていの場合は毛を抜いたことが原因となります。

カミソリなどの鋭利なもので自己処理を行った際にはどうしても皮膚に小さな穴が開いてしまいます。

皮膚はその小さな穴を再生しようとしてかさぶたになります。

その結果、毛穴がふさがってしまって皮膚の中から出てこれなくなってしまうのが原因となり、埋没毛ができてしまうのです。

この埋没毛を外に出すには、針で外に出す方法しかなく、この方法は逆に穴が広がってしまったりそこから細菌が侵入し炎症を起こす可能性があるのであまりおすすめはできません。

また、埋没毛がある状態で脱毛サロンに行くと施術を断られる場合もありますので注意が必要です。

できてしまった埋没毛を治すには、とにかく保湿することです。

保湿を行うことで古い角質層を取り除くことができて、埋没毛の解消に繋がります。
あとは、脱毛方法を変えることが埋没毛を防ぐことに繋がります。

自己処理の場合はカミソリや毛抜きを避け、電気シェーバーにしましょう。

こまめに電気シェーバーで処理していけば、お肌への負担も少なくて済みます。

その際の保湿も必ず忘れずに行うようにしましょうね。

それでも、自己処理が不安な場合は、プロフェッショナルのいる脱毛サロンで、脱毛をしてもらいましょう。

そうすることで、自己処理による埋没毛や他のトラブルを防ぐことができますよ。

Read More